調査票(アンケート)における質問文作成上の注意点

調査票(アンケート)における質問文作成上の注意点メモ。



調査票(アンケート)における質問文作成上の注意点


調査票(アンケート)における質問文作成上の注意点メモ。


  1. 質問文は長過ぎないようにする
  2. 1つの質問に2つ以上の質問要素が入らないようにする
  3. 回答者の記憶があいまいな質門は避ける
  4. ひがみなど感情的になりがちな質門を避ける
  5. 誘導的な質問は避ける
  6. 時間的条件の不明瞭な質問はしないようにする
  7. 誰が聞いても分かる言葉を使用する
  8. さまざまな解釈のできる言葉は避けるか明確に定義する
  9. 質問の選択肢は複雑にならないようにする
  10. さまざまなニーズがある場合は選択肢を設けない
  11. 選択肢の「その他」の取り扱いには注意する
  12. 商品・サービスの市場規模を調査する場合は、なるべく価格と頻度を聞く
  13. 最初の質問は答えやすくて回答者の興味を引く内容にする
  14. 一般的な質問を前におき、特定化された質問や個別的な質問は後に回す
  15. 「メイン」の重要な質問はなるべく調査の前半におく
  16. 最後はあまり重要ではない質問をおく

上記の一覧は、「EXCELマーケティングリサーチ&データ分析」からの引用を元に作成しました。


たぶん、上記の一覧だけではあまり意味が分からないと思います…! 書籍にはより詳しく書いてありますので、興味のある方は書籍をご参照ください。


上記の注意点以外にも、質問紙調査を行う上での一般的な注意点が分かりやすく書かれていておすすめです。



参考リンク


今回引用した書籍です。

EXCELマーケティングリサーチ&データ分析


上記の書籍と同様、質問紙作成におすすめの書籍です。

聞き方の技術―リサーチのための調査票作成ガイド


著者プロフィール
Webサイトをいくつか作っています。
著者プロフィール