sudoの際に/etc/profile.dも読み込む方法

sudoの際に/etc/profile.dも読み込む方法メモ。



sudoの際に/etc/profile.dも読み込む方法


sudo実行時に/etc/profile.d以下のスクリプトを読み込むには、-iオプションを付ければOKです。


rbenv等をシステムグローバルにインストールしている時などは、このオプションを知っていると便利です(^^)


sudo -i echo 'sudo hello.'


/etc/profile.dではなく、ログインユーザーの環境変数PATHの値を引き継ぎたい場合は、/etc/sudoersにenv_keepを書けば大丈夫です。


Defaults env_keep += "PATH"

ログインユーザーに関係なくsudo実行時にパスを通したい場合は、/etc/sudoersにsecure_pathを書けば大丈夫です。


secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

/etc/sudoersは100行程度しかなく、しかもコメントがたくさん書いてあるので、詳しく知りたい方は/etc/sudoersを読んでみるといいと思います。



参考リンク


sudo doesn't keep environment variables

sudoにパスを通す


著者プロフィール
Webサイトをいくつか作っています。
著者プロフィール